--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

02.29

おっぱい離れとお弁当

今日は育児サークルへ。胃腸炎やら何やらで休みが続いてしまったので久しぶりの参加でした。
このサークルは歌遊びや絵本読み聞かせといった子供タイムと、フラワーアレンジメント等のママタイムとの2部構成で、とっても楽しいんです。いつもは母子一緒の活動だけど、今日は完全母子分離で、子供はサークルの先生方に預かってもらい、母たちは別室で作業という試み。

胃腸炎を患ってから、でぃでぃのおっぱい依存がはなはだしくなってたので、ちょっと心配しながら作業してました。が、途中、先生が様子を知らせに来てくださって・・・
「○○ちゃんちょっと泣いてますー。○○くんねんねしちゃいました」
えっと、うちの子は・・・
「ああ、でぃでぃくん全然OKです。平和な空気が流れてます

おっぱいなしでも大丈夫やん!!

とにかく胃腸炎の直後は新生児のようにおっぱいを要求。2週間経った今も、やれ食後だ、やれちょっと眠いと、2時間おきくらいに授乳してました。でも、今日は起き抜け7時半に授乳してから、12時まで開けることができました。

という話を先生にしてたら、「まあ、気分の問題でしょうね」と。

夜の添い乳がちょっと辛くなってきてるので、春あたり断乳しようかな・・・と思いつつ、周りで聞く壮絶断乳話に恐れおののいています。出来れば自然卒乳と思っているんだけど・・・どうかなあ。もう気分で飲んでるだけなんだったら、出来るかなあ。出来たらいいなあ。

今日はサークル後に用事があったので、でぃでぃのお弁当を持っていきました。
お弁当はいつも、保温できるランチバッグに、ちっこいカイロを入れてます。+スプーンと、コンビニでもらうスプーン数本、お手手ふき&お口ふき、コンパクトにできるお食事エプロン、以上がお外ランチセットです。

普通のお弁当箱に詰められるお弁当(=ドロドロ離乳食じゃない)持って、適当な場所で広げて食べる。大きくなったものだなーと思います。

用事を済ませてから、私もどうにもお腹が空いたので、大好きな天然酵母のパン屋さんmon coeurでパンを買って、お店前のベンチでランチしました。母子デートだ。
でぃでぃが欲しそうにじーっと見るので、全粒粉スコーンをあげたら嬉しそうに食べました。
このお店は、雑誌にもちょくちょく掲載されてるけど、文句なく最高においしいです。厳選素材で、すごく身体に良さそう。小さい子にも安心と思います。

お弁当持って行ったり、パンを買って外で食べるのって大好き。
これから暖かくなるし、こういう楽しみ方がどんどん出来るのが嬉しいな1年前は、おっぱいだけの赤ちゃんだったのにな・・・感慨深い。

乳幼児と外出
トラックバック(0)  コメント(2) 

    2007

12.28

京都にお泊り

少し遡って12/15のお話ですが・・・
でぃでぃ1歳記念に、家族で旅行してきました!!

・・・京都に(笑・我が家は、ほとんど京都)

というのも、ANAホテルのご利用券を頂いたから。
近場なら気楽だし、準備も身軽で済みますからね~。
ということで、宿泊先は二条城前にある京都全日空ホテルです。

チェックインの頃には着きたいねと話していたけど、私はついつい普通に家事とかしてしまうし、でぃでぃもいつも通りお昼寝。結局到着は夕方4時過ぎになってしまいました。
わーん、全然街を歩けない二条城すら入れない(開城が4時までのため)。

気を取り直してちょっと早めのディナーに向かいました。
お目当ては館内レストランコージーのグルメディナーバイキング
バイキングならみんな立ったり座ったりしてて、パパと交替ででぃでぃを見やすいですからね~。

しかし・・・満席で入れず!しかも、完全に2部制になっていて予約しないと入れないくらいの人気だったのです。赤ちゃん連れで時間が読めないからと予約しなかったのがNGでした・・・

仕方がないので隣のラウンジでオードブル+2品を頼み、ちょっと寂しくディナー。コージーでバイキングを楽しむ老若男女がよく見える~でも、今日だけは!と解禁したヴーヴ・クリコがとってもおいしかったですあ、もちろん授乳時間を考慮してですよ。
ラウンジは暗いからかでぃでぃのご機嫌がイマイチで、早々とお部屋に切り上げました。

ところで、何も考えず部屋を予約し、戸惑ったのがベッド!普段布団派の我が家は、赤ちゃんがベッドから落ちる心配をしたことがありませんでした。お部屋はツインルームでしたが壁際のベッドも完全に壁についてるわけじゃなく、微妙な隙間が。毛布を頂いて隙間を埋め、逆側は私が寝てブロックすることにしました。
にしても。欧米では靴のまま家に上がりますよね?赤ちゃんは這い廻るけど、そこはOKなのかな。素朴な疑問。

見慣れない環境に大喜びのでぃでぃでしたが、至ってマイペースで、いつも通り9時就寝でした。赤ちゃん連れの夜は早い

翌日は寒波が訪れとっても寒い!!
いったん起きたもののチェックアウトまで寝ていたでぃでぃを叩き起こし、とりあえず二条城に行きました。

二の丸御殿とお庭を見たところでちょうどお昼ご飯の時間、でぃでぃのお昼をどこで食べさせよう?と思っていましたが、意外にも二条城の休憩所が使える暖房がきいて暖かく、利用する人も少なくて、ゆっくりできました。

その後はホテル周辺~新風館をぶらぶら。私のお目当ては京都乙女みやげの定番、二條若狭屋の不老泉!残念ながらうさぎの絵柄の抹茶が売り切れで、葛と善哉のみ買って帰りました。葛はプカプカあひるが入ってないのよね、しくしく・・・
善哉はお湯をそそぐとこんな感じ
hurousen


新風館で大人が遅いお昼を食べたところで、でぃでぃのおっぱい待ちが限界にしかし、どこにも授乳できるような場所はなし・・・寒いし・・・慌てて車を止めているホテルまで戻りました。ほんとに赤ちゃんの頃とは違い、ちょっとだったら気を紛らせて待っててくれるので、大きくなったものだなと思います。
ちなみに新風館、多目的トイレでのおむつ交換はOKです。

なんやかんやで夕方近くなったので、まあ早めに帰ろうかと、帰路につきました。
でぃでぃが生まれてから京都に出ても四条がせいいっぱいだったので、それより上(笑)に久々に行けて、大満足の二日間でした。

後から烏丸御池周辺で授乳施設の整ってるところってないのかな?と調べてみたら、ありました。マザーズハローワーク烏丸御池。ここだったらお願いすれば授乳室使えそう。HPを見たら、キッズコーナーなんかもあり、とっても綺麗です。でも、土日祝は休みなのかな。まあ覚えておいて損はなさそう。

乳幼児と外出
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

12.10

天然酵母パン@二十四節記

今日は暖かいいいお天気だからちょっと遠出しようと思ってたけど、でぃでぃのお目覚めが遅かったので1日のスタートもゆっくりになり、結局高槻市の「二十四節記 上牧」へ。
この二十四節記、北摂の建築事務所によるレストランや雑貨店等の複合施設なのですが、なかなかにお洒落です。
我が家からは徒歩10分強。丁度いい距離なので、ちょくちょくお散歩がてら覗いています。

入口はこんな感じ。
エントランス


石畳の道をゆくとこんな中庭が迎えてくれます。素敵!
エントランス2


花屋さん、建築雑貨屋さんを覗きつつ奥のパン屋さん「ラ スレーニャ」へ。
石釜で焼かれる本格的な天然酵母パンです。
いしがま

ちょうど可愛らしいプチパンが焼きあがったところで、試食させてもらいました。
もちもちしてとってもおいしい!夕方寒くなってきたところへ温かいパンが嬉しかった。
「子供さんも食べやすいですよ」と、でぃでぃにも1つ頂きました。
小さくちぎって口に入れたらモグモグ嬉しそうに食べました。天然酵母でちょっとすっぱいのに喜ぶとは意外。赤ちゃんのくせに
でぃでぃは乳製品アレルギーなんだけど、ここのパンは天然フルーツ酵母に小麦・塩・水が材料ということで安心です。プチパン1袋と、田舎パンハーフサイズを購入。

プチパンです。200g(写真の2.5倍くらい)で350円。
petitpan


こちらは田舎パン。ハーフで350円。
田舎パン


ここの「カフェ ラ・コンテ」には以前友達と来たことがあって、同じ石釜で焼いた有機野菜のピザを頂きました。縁のこげ具合と有機野菜ならではのしっかりした味が何ともおいしかった!友達と2人でシェアして、+ケーキとコーヒーをつけてちょうどお腹いっぱいなサイズでした。テラス席でのランチの間、でぃでぃはベビーカーに大人しく座って、庭の木々やそばを通る阪急電車を眺めていました。お店なんかの室内でじっとしているのが苦手なでぃでぃも自然に囲まれたテラス席だから気持ちよかったみたい。

ちなみにおむつ換えは、店内の広いトイレを利用しました。おむつ換えシートはないので、AB型ベビーカーを寝かせて。二十四節記から上牧駅方面に歩いて3分ほどのところに新しい公衆の多目的トイレもあるので、そちらも利用しやすいと思います。ただ、この多目的トイレ、いたずらで使う人もあるのかタバコを押し付けた後とかあります・・・女性トイレはきれいなんですが・・・

建築雑貨屋さんの「raro」では時々買物をしていて、店長さんはインテリアの相談にも乗ってくれる頼もしい女性です。店内は、かわいい陶器の洗面台やアイアンフックなんかがたくさん!将来マイホームを持ったら、メーカーの標準仕様のものではなく、シンク1つ洗面台1つ自分の好きなものを選びたいな・・・と憧れているてまり、いつもジロジロ眺めています(笑)。

この店長さん、突然の雨で困っているにタクシーをお願いしたら、気持ちよく対応してくださっただけでなく、タクシーを待つ間、敷地内にある普段は開放されていない和室を案内してくれました。ここで授乳もさせてもらいました。

「ラ・コンテ」のお食事のコースはまだ頂いたことがないんですが、もう少しでぃでぃがしっかりしてきてくれたらパパと3人で来たいな~って思ってます。
数年前に再開発が始まったばかりの上牧駅周辺、二十四節記の周りも畑や住宅だけなので、ゴミゴミした都会を離れ、赤ちゃん連れでゆったりランチして、雑貨やフラワーショップを見て・・・と楽しめると思います

乳幼児と外出
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

05.16

0歳児と先斗町

うーん、なかなか思うようにブログが書けないでおります。
赤ちゃんとの1日はほんとにあっという間で・・・
加えて、実は今月末に引越予定なのです。何も準備してない気ばっかり焦ります。

そんな中、先週土曜日は私の誕生日でした
そして翌日曜日は初母の日
自分が母の日の対象になるなんて何だか不思議。

当日、「ちょっと車の荷物取ってくるわ」と出て行って戻ってきた夫の手には、カーネーションの入った花束が「僕と息子からってことで」って渡してもらいました。普段そういうことをする人ではないのでびっくりして、めっちゃ感激しました。

ohana


それから3人で電車に乗って、先斗町の「西洋かっぽう 井田」というお店にランチしに行きました。
場所が場所だし、いかにも大人デートなお店で、子連れには何とも不釣合いだったのですが・・・
事前に、赤ちゃん連れでも構わないかお電話しましたら、快くどうぞどうぞと言って下さいました。 つくばいの涼やかなお玄関にて預かって頂いたベビーカーがミスマッチだったけれども。

お料理は、「あまから手帖」に掲載された「フレンチやから大皿に派手に盛って、というのでなしに、土地に合わせた味わい方がある思います」というご主人の言葉そのままに、ステーキをぽん酢やおろしで頂いたり、最後にお食事が出てきたりと、まさにお箸フレンチでした。上品なお味で美味しかった

眠くてぐずる息子を変わりばんこに抱っこし、おむつ換えをし、お店を出るときには授乳と、結局はバタバタなわけだけど、久々に上げ膳据え膳のランチを楽しみました。
いつかディナーにも行きたいな。

5ヶ月の赤ちゃん連れだと、外食って、
・個室は絶対条件。
・しかも、ゴロンできるところでないときつい。

ということで、ホテルにお部屋を取っちゃうか、お座敷か?になりますよね。
最初夫はどこか泊まる?と言ってくれてたのですが、引越が近い中、ゆったりお泊りしてる時間がないー

で、個室でお座敷のとこにしよう、となったわけですが、お座敷の個室ってほとんど和食でしょう。
私は出来れば洋食、さらに出来ればフレンチが食べたかったのです。
てなわけで
個室・お座敷・フレンチ・ランチ・京都という条件で探して当たったのが、井田さんだったわけです。ディナーとなると、それこそお泊りするしかないですからね・・・。

親に預けてっていう選択肢もありますが、「なるべく子供も一緒に・・・」という点で意見の一致している私たち夫婦です。これからも赤ちゃん連れOKのお出かけ先を捜し求めて頑張ってまいります

乳幼児と外出
トラックバック(0)  コメント(4) 

Next |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。