--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

06.30

治療より、まずは体質改善!!

赤ちゃんを授かるために、西洋医学以外に何か出来ることがあるのでは?と思い始めた私は、漢方や鍼などについて、ネット等で情報収集し始めました。

そんな中、ある日、主人の花粉症の薬を求めてたまたま入った漢方薬局での出来事。「私もついでに診てもらっていいですか?」と薬剤師さんにお願いし、その時初めて東洋医学の「舌診」を経験しました。そこで指摘されたのが、かなりの冷え、血の巡りの悪さ。
私は婦人科では「特に異常はないものの、低温期が長い、排卵が遅い周期がある」と言われていました。それらはひどい冷え性から来るものだったのです。
確かに私は誰からも「手が冷たい!」と言われるほどでした。冬場は暖房がないと、手からお尻から足から、我ながら人間か?と思うほど冷たーくなっていました。
冷え性の人は子宮も冷たい、せっかく妊娠しても、赤ちゃんにとっては居心地が悪い。子宮の温かいお母さんから生まれた赤ちゃんはとっても元気なんですよ!」という薬剤師さんの言葉は、まさに目からウロコでした。

もしかしたら、流産しちゃった子は、私のお腹にいる間寒かったかな・・・
今度もし妊娠できても、居心地が悪いとかわいそう・・・

そんな気持ちが、私をますます「まずは体質改善へ!」と決意させたのです。
スポンサーサイト

東洋医学for赤ちゃん待ち・妊娠ライフ
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next | 

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

Next |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。