--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

08.07

名付けと、子育てへの気合い☆

昨日は学生時代のサークル仲間が「妊婦を囲む会」というのを開いてくれました。とはいえ、集まった4人中妊婦が2名だったのですけどね

京都駅ビルの市場小路で、ちょっといいランチを。イカのカルパッチョ、鱧と季節野菜の天麩羅など、妊娠してすっかり和食好きになった私には最高のメニューでしたもう1人の妊婦さんは8ヶ月で、2人で「明日の体重恐い」なんて喋りつつ完食

料理を囲みながら、みんなに名付けの相談に乗ってもらいました。8ヶ月妊婦さんは既に1児の母でもあって、「お母さんは日に何十回と子供の名前呼ぶねんから、お母さんが気に入って呼びやすい名前にした方がいいよ」とアドバイスくれました。私はどっちかと言うと名付けを夫に任せちゃってたのですが、なるほど、私ももうちょっと積極的に考えよう!と思いました。

今回妊娠したのは、私たち夫婦にとって色々な面で奇跡的なタイミングが重なった時で、そして笑っちゃうエピソードもありまして、それにちなんだ名前にしたいなあと思ったりしてます。
でも、そのエピソードのキーワードが「とあるアメリカ人のはげのおっちゃん」で、それからちなむ名前ってどう頭をひねっても思いつかずです
性別もまだはっきりせずなので、何だかイメージが沸きません。名付けって難しい~。

それから昨日は、皆のおかげで、最近少し不安に感じていた子育て・・・というか、「子供を持つこと」に対して、前向きになれたのがありがたかったです。
最近胎動がはっきりしてきた分、赤ちゃんの存在感が強くなり、恐いニュースを見たりするたびに「この子に何かあったらどうしよう」と思うようになってしまいました。で、今は自分が気をつけてさえいれば、まずは元気にお腹の中で育ってくれてるから、このまま妊娠状態がいいかも・・・なんて考えてしまってます。
でも、昨日のメンバーは1人が上記した1児の母、1人が保育士さんで、大変だけどやっぱり楽しそうな子供との時間についてたくさん聞いて、よし頑張ろう!って思えてきました。私も階段から落ちたり脱臼したり鼻に消しゴム詰めて取れなくなったり(・・・)しながら育ててもらったんだから、今度は自分の番、ですね。

今日は、この間水通しした生地を使って、赤ちゃんのボールを作ろうと思います
スポンサーサイト

妊娠・出産
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。