--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

07.24

よだれつわり対策1.漢方薬

よだれつわりを何とかしたくて、漢方医を受診してきました。

この先生、妊娠前から冷え症改善目的で診て頂いてる先生です。処方されるのは個々に合わせた煎じ薬で、ティーバックに1日分ずつ分けられた生薬を土瓶で煎じ、1日2~3回に分けて飲みます。
私の場合、飲み始めてすぐ基礎体温のグラフがいい感じになり、その周期で妊娠。「安胎」目的の処方に切り替わったものの、強烈つわりで生薬のにおいで吐き気をもよおすようになり、しばらく受診も中断していました・・・

脈、舌を診て、「まだ胃が(つわりで)弱ってるみたいやね」と先生。
胃を強くする&「湿」を取る目的で、煎じ薬を処方して頂きました。「飲めなかったらまだ相談してね」って、優しい先生で助かります♪

で、翌日。早速煎じてみる。台所中にたちこめる生薬のにおい・・・うう。換気しまくる。で、恐る恐るコップに口をつけ・・・うん、何とか飲める。飲んだ後は、ちょっと胃が詰まったような、確かに胃の余計な水分を吸収してる感じ??

しかし1杯目はまだ大丈夫だったのですが、思った以上にきつかったのが土瓶に残った分のにおい!!どんなに換気しても、土瓶を外に出しても、どこかににおいが染み付いていて気分が悪くなってしまう
結局、2日間だけトライしたけど、こんなに後から気分が悪くなるようでは・・・と中断してしまいました。先生ごめんなさい。

妊娠前は平気だったのになあ、煎じ薬・・・
つわり中ダメになったあらゆる食べ物のにおいも化粧品のにおいも大丈夫になったのに、生薬だけはダメでした・・・
スポンサーサイト

妊娠・出産
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。