--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

10.13

そのまんま。

シュタイナーによれば、人間の気質には大きく分けて4つあるとのこと。

胆汁質
粘液質
多血質
憂鬱質

このブログを見てくださって、それなんじゃ?と思われたら、ぜひちょっと検索してみて下さいねー。

親だからできる赤ちゃんからのシュタイナー教育-子どもの魂の、夢見るような深みから』ラヒマ・ボールドウィン著にも、4つの気質についてまとめてあります。

自分の子供はどれかなあ、と、気になるわけですが、今のところ我が家のでぃでぃは「多血質」なのかな、と思います。

多血質というのは概ね、明るくて陽気であるということらしいけれど「ほとんど地に足をつけていないという感じで、実際つまさきで歩くことが多いのです。」(上記の本より)

・・・そのまんま

実際、彼はよくつまさきで歩いています。
いつもほとんど小走りで、見知らぬ人にも、老若男女問わず両手をあげて走り寄っていってしまう。
ちょっと怖そうなおじさんなんかにもそれをやるので、正直ヒヤッとする場面もあります。

「かれらの関心は長続きせず、次から次へと飛び回る蝶のようです」
「新しいことにすぐ気を奪われます」

これもあてはまるように思う。
公園に連れていっても、すべり台や砂場で遊ぶのは一瞬のでぃでぃ。
すぐに公園から脱走してしまいます。
なので、せっかく公園でママ友さんや小さいお友達と会っても、いつもフェイドアウトしてしまってます。
子供の動きたい方へ行きたい方へ付いていってあげればいいと思うし、それを私自身も楽しんでいますが、お話の途中でサヨナラしちゃって申し訳ないなあなんて思ったり。

いつも、ただただひたすら歩くでぃでぃの後を侍従のように付いていく。
彼との外遊びはそんな感じです。

ちなみに、私は絵に描いたような「粘液質」(座って空想しているのが好きで、1日のうちでお気に入りの時間はおやつの時間。たまに怒るとすごいかんしゃく)。母子でこうも違うものかと興味深い。

この『赤ちゃんからのシュタイナー教育』、私にとっての育児の道しるべのような1冊です。
赤ちゃんから7歳まで、特に3歳頃までの乳幼児期におけるシュタイナー教育についてやさしい言葉で書いてあります。何か育児で行き詰るたびに開いて、助けてもらっています。
この1冊と、他のいくつかのシュタイナー教育関連の本やわらべうたの本があれば、多くの育児書はいらないなあと思う。
スポンサーサイト

シュタイナーに学ぶ
トラックバック(0)  コメント(0) 

 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。