--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

02.29

おっぱい離れとお弁当

今日は育児サークルへ。胃腸炎やら何やらで休みが続いてしまったので久しぶりの参加でした。
このサークルは歌遊びや絵本読み聞かせといった子供タイムと、フラワーアレンジメント等のママタイムとの2部構成で、とっても楽しいんです。いつもは母子一緒の活動だけど、今日は完全母子分離で、子供はサークルの先生方に預かってもらい、母たちは別室で作業という試み。

胃腸炎を患ってから、でぃでぃのおっぱい依存がはなはだしくなってたので、ちょっと心配しながら作業してました。が、途中、先生が様子を知らせに来てくださって・・・
「○○ちゃんちょっと泣いてますー。○○くんねんねしちゃいました」
えっと、うちの子は・・・
「ああ、でぃでぃくん全然OKです。平和な空気が流れてます

おっぱいなしでも大丈夫やん!!

とにかく胃腸炎の直後は新生児のようにおっぱいを要求。2週間経った今も、やれ食後だ、やれちょっと眠いと、2時間おきくらいに授乳してました。でも、今日は起き抜け7時半に授乳してから、12時まで開けることができました。

という話を先生にしてたら、「まあ、気分の問題でしょうね」と。

夜の添い乳がちょっと辛くなってきてるので、春あたり断乳しようかな・・・と思いつつ、周りで聞く壮絶断乳話に恐れおののいています。出来れば自然卒乳と思っているんだけど・・・どうかなあ。もう気分で飲んでるだけなんだったら、出来るかなあ。出来たらいいなあ。

今日はサークル後に用事があったので、でぃでぃのお弁当を持っていきました。
お弁当はいつも、保温できるランチバッグに、ちっこいカイロを入れてます。+スプーンと、コンビニでもらうスプーン数本、お手手ふき&お口ふき、コンパクトにできるお食事エプロン、以上がお外ランチセットです。

普通のお弁当箱に詰められるお弁当(=ドロドロ離乳食じゃない)持って、適当な場所で広げて食べる。大きくなったものだなーと思います。

用事を済ませてから、私もどうにもお腹が空いたので、大好きな天然酵母のパン屋さんmon coeurでパンを買って、お店前のベンチでランチしました。母子デートだ。
でぃでぃが欲しそうにじーっと見るので、全粒粉スコーンをあげたら嬉しそうに食べました。
このお店は、雑誌にもちょくちょく掲載されてるけど、文句なく最高においしいです。厳選素材で、すごく身体に良さそう。小さい子にも安心と思います。

お弁当持って行ったり、パンを買って外で食べるのって大好き。
これから暖かくなるし、こういう楽しみ方がどんどん出来るのが嬉しいな1年前は、おっぱいだけの赤ちゃんだったのにな・・・感慨深い。
スポンサーサイト

乳幼児と外出
トラックバック(0)  コメント(2) 

    2008

02.27

哀れトリップトラップ。

ベビー・キッズの定番ハイチェア、ストッケのトリップトラップ。
我が息子も愛用しています。

お食事椅子として、
おまるとして。

・・・。

ご飯を食べててしばらく経つと、
んぁっ、んぁっ
と切ない声&何とも情けない表情。

朝食時はほぼ必ず、なさいます。

朝起きてしばらくの時間だからか、食べているうちに便通がつくのか。
あ、でも、昼&場合によっては夜もだから、座った姿勢でもよおすのか。

食事の途中なので、切り上げたほうがいいのか、食べさせちゃったほうがいいのか、毎回悩みます。
他の赤ちゃんはどうなんだろう??

ちなみにでぃでぃのトリップトラップはホワイトウォッシュで、ブルーストライプのベビークッションがついてます。かわいいです。
おまるにされてるけど。

まあ、座る姿勢でトイレに慣れてたら、いざトレーニングってなったときスムーズかも??と自分を慰めてみる、てまりでした。

でぃでぃ1歳の日々
トラックバック(0)  コメント(4) 

    2008

02.25

自然派!離乳食

ある日のでぃでぃのお昼ごはん。
dilunch

雑穀ごはん・焼き芋・ごまめの炒ったもの・番茶

なんか・・・素朴

いやしかし、この昔の子ぉみたいなメニューが、でぃでぃにはお気に入りのよう。
雑穀ごはんは、よくある「お米に混ぜて炊くだけ」なもので、焼き芋はコンロの魚焼きグリルで焼いてます。ごまめはフライパンで乾炒り。
最近の定番手抜きメニューです。
雑穀って栄養バランスがいいので、重宝するわ~。
ちなみに焼き芋は1本も食べられませんね、この写真の半分くらい。

ごまめの炒ったものは、最初私がポリポリ食べていたら、欲しそうに見ていたので、苦いだろうにと渡してみたら意外にも食べました。ていうか、表面をねぶってます。
ねぶってねぶって、さんざんねぶって、柔らかくなったやつを「どじょ」(どうぞ)って差し出してくれます。
あ、あんまりいらない・・・
でも、食べてあげるとすっごい嬉しそうにするんだよなあ~~~。

以前は食欲にムラがあり、食べないときはスプーンに3さじでおしまい。しかも、何か手に持ちながらじゃないと食べない、ってな具合だったでぃでぃですが、胃腸炎を患ってからはモリモリ食べるようになりました。一度飢餓状態のようになったせいで、食い意地が出たのかも。

そのかわり、日中2~3回まで減っていたおっぱいが、4~5回に逆戻りしてしまいました・・・
胃腸炎の間、おっぱい以外ろくに摂れなかったのに加え、甘えも強くなってるみたい。とほほ。
GWの沖縄までに卒乳が目標なんだけど、出来るんかいな。

ちなみに、最近飲んでいるカフェインレスコーヒーです↓
ogawa

京都ではお馴染み・小川珈琲店のカフェインレスブレンド。おいしいよ

母乳育児・自然育児
トラックバック(0)  コメント(4) 

    2008

02.23

生活リズムと模倣

またまた、久々の更新になりました。
でぃでぃがウイルス性胃腸炎にやられてしまい、2月前半は文字通り上に下におおわらわでした(泣)
今はすっかり元気!
本人も周りも大変な1週間余りだったけれど、治ってから、今まであまり食いっ気のなかったでぃでぃがモリモリ食べるようになった、という嬉しい怪我の功名もありました。
闘病記は追って書いてみたいと思います。

今日はシュタイナー教育者、バーニー先生(バーナーデット・ライチェルさん)の講演会@宝塚に行ってきました!

今までシュタイナー関連の本はいくつか読んできたけれど、何かイベントに参加するのは初めて。ドキドキ・・・
バーニー先生はニュージーランドでシュタイナー教育に基づいた保育幼稚園を運営されている方。これまでにも数回来日されているそうです。

赤ちゃん連れの人も大勢参加のゆったりした会場に立たれたバーニー先生は、何とも笑顔の優しい、母親である私も子供に戻ることが許されるような、暖かいオーラを放っておられました。

講演ではタイトル「7歳までの生活リズムと模倣について」の通り、
幼い子供にとって、起きる・食事・眠るという日々のリズムの繰り返しがいかに大切かということ、
そのリズムを作ってあげるのは主たる保育者(多くの場合は母親)であり、母親の担う役割がいかに重要であるかということ、
等々が分かりやすく暖かい言葉で語られました。

私は、小学校までに何を習わせとかなきゃついていけないとか、
メディアの洪水であるとか、etcの現代の子育て環境が何だか怖くて、
ほんと息子が幼稚園に上がるくらいのことを考えると今から気持ちが塞いでしまうくらいで、そんな中、シュタイナー育児に出会えたのは、モヤモヤに道筋が与えられたような喜びでした。

なので今日はシュタイナー教育実践者のバーニー先生のお話をじかに聞けてほんとラッキーでした!

子供を初めて持ったとき、母親はそれまでとはまるで異なる生活をするようになるけれど、
それをストレスではなく、楽しい変化ととらえられるような・・・
バーニー先生のお話を聞いているとそんなプラスな気分になってきます。

育児ってもちろん楽しいことばかりじゃないけど
胸張って母親業やっていこう!って思えた1日でした。

もっとシュタイナー関連のイベントやワークショップがあればいいんだけどなあ~。

toukibi

会場で買った、トウモロコシの皮で出来た人形。ハーベストクラフトというのだそうです。なんとも愛らしい。あったかい。

シュタイナーに学ぶ
トラックバック(0)  コメント(0) 

 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。