--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

12.19

生まれました!

12月13日夕方、3974gの大きな大きな男の子が誕生しました!!
18日、ふたりで退院してきました。

予定日ジャスト、12日の昼から前駆陣痛とは違う痛みが不規則に始まり、13日に日付が変わったあたりで10分間隔に。7~8分間隔で入院、15時間ちょっとの長期戦を経て無事生まれてきてくれました。

母親に付き添ってもらい、少し遅れて夫も到着し、NSTなどの後和室LDRへ。夜中から朝8時頃までにかけ、自分としては耐え難い痛みが続くのに子宮口の開きは緩やかで、このままではママの体力が持たないし、赤ちゃんも心配ということで、少量の陣痛促進剤の力を借りることに。
促進剤の点滴を始めるとお産の進みは順調になりました。
子宮口全開大まで、何度も何度も襲ってくるものすごい痛みに絶叫しながら・・・

後から助産師さんに言われたのですが、「これだけ大きな赤ちゃんだから、急にお産が進んでママに負担がかからないように、ゆっくりゆっくりの陣痛で揺らして出てこようとしてくれたんやね。偉いね」って。

最後の最後まで畳のお部屋でフリースタイルで頑張ったけれど、何しろ大きな赤ちゃん、頭も肩幅も全てでかくて・・・頭が見え隠れするところまで来ているのに、なかなか出してあげられなくて。最終的には分娩台に上がり、お腹を押してもらう&吸引の力を借り、16時13分、無事に産声を上げてくれたのでした。

産道から出られないでいるというのに、ずっとずっと元気いっぱいの赤ちゃんの心音が何よりの励みになりました。産道で止まっているときもお腹を蹴ってきたりして、「この状況でこれだけ元気な赤ちゃんは珍しいよ、すごいよ!」と言って頂きました。

結局は色々医学的な力を借りたお産だったけれど、大満足!!です!!!
長時間ずっとついていてくれた母には、夫ともども本当に本当にありがとうなのです。

お医者様のコメントは「こりゃあ初産婦さんにはキツいわぁ~(笑)」
そんな赤ちゃんは、助産師さんたちに「1ヶ月検診の子みたい」「大きすぎて沐浴のモデルにならない(笑)」と言われながら、病院でも元気にしてました。

入院中は頼もしくて何でも話せる助産師さんたち、おいしい病院食、過ごしやすいお部屋のおかげで、出産による貧血を抱えつつも、早速の母子同室を頑張ることができました。

現在は実家で楽しく育児しています。いざ自宅に帰ったときが少し不安だけど、まずは1ヶ月、頑張ります!

スポンサーサイト

妊娠・出産
トラックバック(0)  コメント(6) 

    2006

12.07

お産BGMのCD

父のいぬ間に、昨晩と続けて更新

入院準備は一応完了してるのですが、1コできてないのがお産時用のCDの編集でございます
未だに選曲中・・・

普段音楽は割と何でも聴くのですが、やはりここはクラシック中心かな、と。で、自分で勝手に「波系」と名づけているものを入れていこうと思ってます。

いちおう決めてるのが
ショパン『舟歌』『子守歌』
ブラームス『子守歌』
リスト『詩的にして宗教的な調べ』より「孤独の中の神の祝福」

これらはいずれもゆったり波系で、いいですよ~。
あとは大好きなU2から何曲かと。

ソフロロジーで使うようなCDとか、「image」なんかも研究しようと思ってたんだけど、時間切れになりそう。

実際お産となったら、無音の方が却って良かったりして・・・

妊娠・出産
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2006

12.05

里帰りの日々

久しぶりの更新になっちゃいました
里帰りして早や2週間余り過ぎました。
実家では時間がゆったり過ぎてます。やっぱり何だかんだ言って、家事の負担がないのは楽やぁ~。お母さんありがとう。。。
おかげで、ベビーグッズを作ったり、ガツガツ散歩したり出来てます。
実家の周辺は公園が多く、散歩しやすい環境なのでこれまた嬉しい。

里帰りしてから夫には週末に来てもらってるので、会うペースとしては結婚前に戻ったようで、なんか新鮮ですしかし慣れない家事のエピソードを聞いてるとちょっと可哀想。。。

さてさて早まるかも?と言われていたお産だけど、37週、38週の検診と続けて穏やかに過ぎ、39週に突入しました。今日は39W1Dの検診だったけど、ここ2週間、子宮口の開きも1.5cmのままです。赤ちゃんはけっこう下がってきてるらしいのですが・・・先生の見立てでは、ちょうど予定日の12日頃になるのでは?とのこと。
今週末、8日~10日と夫が出張で、そこで出産となると立ち会えないので、もうここまで来たら先生のお見立て通り、予定日に、ってことでどう、赤ちゃん?なんて思ってます
まあもちろん、赤ちゃんが出てきたい時が最優先だけどね

こんな感じで、里帰りの日々を過ごしております。
実家からはネットも見にくいので(父パソなので)、また更新できたらいたします~。

妊娠・出産
トラックバック(0)  コメント(2) 

    2006

11.16

里帰り直前

今度の日曜日に里帰りするので、最近はバタバタです。
掃除やら洗濯、不要な本や服の処分、書類整理に加え、友達に送るべき写真を慌ててプリントしたり。
何より、留守中の夫対策(笑)がけっこういろいろ・・・。インスタントや冷凍食品を買い溜めしたり、ものの場所が分かりやすいよう整理したり。夫は基本的に家事が出来る人ではないのでとっても心配です。まあ、電話でやりとりすれば何とでもなることなんだろうけどねェ。

その合間を縫って、布だけ買って放置していたおくるみ(アフガンって言わなあかんのかな?おくるみでいいやんね)がやっと出来ました~。
くまに着せてみた。
afgan

表がダブルガーゼ、裏はオーガニックパイルです。パイピングはリネンとコットンのプリント地を交互に合わせました。

これはFor Sweet Baby 手作りのおくりものを見て作りました。この本、おしゃれでオススメです。
本を買ったのはだいぶ前で、ほんとは靴とかも作りたかったんだけど・・・実家にいる間に時間あったら作ろうかな・・・ブツブツ。

昨日の検診によると、赤ちゃんは少しずつ下がってきているとのこと。いよいよだなあってドキドキです。もう36週になったし、これから骨盤にスッポリはまってくれるよう、お散歩も頑張らないと。


妊娠・出産
トラックバック(0)  コメント(2) 

    2006

11.07

ヒヤッとしました。

先週34週の検診で、既に子宮口が1cm開いているため、36週まで安静に。と言われました。自分がまさか早産傾向になるとは思いもよらなかったので、今ちょっとドキドキしてるわけです・・・

でも『分娩台よ、さようなら』によると、今くらいの時期から子宮口が開いているということは、いざお産の時にも子宮口が柔らかく開き、安産になりやすいとのこと。経産婦さんなら、30週過ぎれば子宮口がじょじょに開くことはよくあることなんだそうです。
なので、無理に安静にせずどんどん散歩等続けましょう!とあります。

これを読んでいたのでドキドキしつつもあまり心配はしていなかったのですが、一応、本格的な散歩は控えていました。転院はしたけどまだ実家に移っていないので、いざという時すぐ行ける距離じゃないし(おかげで8ヶ月後半から抑えられてた体重が一気に上昇してるんですけど・・・)。

で、先ほども徒歩15分のスーパーにだけ、出かけてたのですが。
カート押しながら店内を歩いていたら、腰に変な痛みが・・・

腰痛らしい痛みじゃなくて、生理痛のときに時々感じるような腰の痛みなんです。
こ、これってもしかして前駆陣痛の類!?
じきに立っているのも辛くなって、カートにもたれるようにしながら店内のベンチまで移動して、しばらく座っていました。
こここの痛みがどんどん強くなったらどうしたらいいの~~~と目を白黒させつつ・・・

・・・幸いしばらくしたら治まったので、急いで会計を済ませ、帰りはバスで帰りました。
その後痛みが再発することもないし、お腹も張ってないので、まあ大丈夫・・・とふんでるんだけど。
いやはや、焦りました。

実家には36週に入ってから移る予定でいたけど、早めた方がいいんだろうか~~。

臨月まであと1週間、正期産まであと2週間、40週までは5週間。
この子はもしかしたら早く出てきたいのかな??出来ればあと1ヶ月ちょっと、せめてあと2週間、お腹の中に居てね。と願う母なのでした。


妊娠・出産
トラックバック(0)  コメント(2) 

 |TOPBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。